変形性骨関節症、肩関節周囲炎(五十肩)、慢性関節リウマチなど関節痛を予防する方法|東大阪市の病院 …内科医夢さん
記事のレベルと状態…変形性骨関節症、肩関節周囲炎(五十肩)、慢性関節リウマチなど関節痛を予防する方法|東大阪市の病院
  評価レベル  
女子力 女子に役立つ知識力
ママ力 ママに役立つ知識力
家族力 家族に役立つ知識力
カップル力 カップルに役立つ知識力
  投稿者のステータス
投稿者 夢さん
職業 内科医
住まい 東大阪市
ジャンル 病院


肥満、運動不足による関節痛患者が激増中

  




変形性骨関節症
私の周辺には若くして関節を患っている人がたくさんいます。変形性骨関節症や五十肩といったものが代表的でしょう。

これまでは加齢による原因が大半でしたが、食生活の変化に伴い、肥満を原因とする関節痛の方が増えています。抗炎症剤やインドメサシン軟膏で痛みを緩和する事も可能ですが、治療するためにはなんといっても、自分の関節の強さにあった体重を維持する事。
膝の痛みを持つ人のレントゲン
メタボリックという言葉が一般に使われるようになって10年以上経過しますが、健康維持のためにも自分の体重を考えてみましょう。学生時代に運動部に所属していた人ならまだしも、文化部に所属していた方や帰宅部の方。こういった人たちは運動部に所属していた人に比べると、太ももの筋力が弱く、膝への負担が強くかかってしまいます。また、筋肉は膝のクッションとしても活躍しているので、筋肉不足が原因で、関節痛につながることもあります。まだ若いから大丈夫と安心せずに、立ち上がるときや階段などで少しでも痛みを感じるようなら、太ももの筋力をアップする簡単なエクササイズを毎日の生活に取り入れてみて下さい。

「まだ若い」なら、比較的短期間で筋力が増し、その分筋肉量も増えるので関節痛の緩和、膝への負担の緩和に貢献してくれます。

私が働く東大阪市は高齢者の人口が多い都市です。病院、医院にも高齢の方が多いのですが、関節に痛みをかかえる若者が増えています。「まだ若い」うちこそ、予防にふさわしい時期でもあります。安心せず、日ごろからの予防もぜひ行って下さい。
タオルを太ももで挟む体操
座ったままで実施する体操
一般の人は変形性骨関節症を意識してみましょう。関節が痛む病気には、五十肩やリウマチ、通風などの病気が挙げられますが、加齢が原因で誰しもかかりうる関節の病が変形性骨関節症だからです。

人間の関節は、関節軟骨、関節包、靭帯などによって構成されますが、加齢により炎症を起こすことがあります。これが変形性骨関節症の主たる原因とされています。簡易的なエクササイズを実施することも症状を緩和する有効な方法のひとつですが、もっと身近なものでは、日本人ならではの正座をやめる、和式トイレの使用を控えるなどでも緩和につながるケースがあります。
正座は膝に大きな負担を与える
運動経験がない方、運動に抵抗がある方は、太ももの筋肉に力を入れるだけでも改善される場合があります。太ももに数秒間力を入れます。二の腕で力こぶを作るように、太ももの前側に力を入れるのです。数秒間力んだら、力を抜きます。この動作を5回程度実施してみてください。力を入れたり抜いたりするだけでも、強い刺激が感じられるはず。お尻~内腿のシルエットを整えるエクササイズなど女性向けのエクササイズを軽く実施するだけでも良いでしょう。

加齢による関節痛として紹介しましたが、若い世代の方でも、太ももの筋力が衰えていたり、肥満により大きな負担がかかっている場合には、変形性骨関節症を煩う可能性はあります。関節に痛みを感じることがあるようなら、一度日々の生活をみなおしてみましょう。





もっと詳しく?夢さん が利用したページ 東大阪市×病院




上本町わたなべクリニック
上本町わたなべクリニック 内科・整形外科  ドンキホーテ西隣




東大阪市×病院に関連する記事



この豆知識・体験談を採点する

1日お1人様、1票のみ。100票で。200票で
300票で。500票で。1000票で
-100票で記事削除!!

※連打できますが…最初の1票以外はノーカウント。じっくり吟味してみてください( ´∀`)


つぶやいた方は、ウチらを探してみてな
 



こんな記事も読まれています。


戻る

  大阪の内科…病院関係だけの記事ランキングへ
  東大阪市に戻る
  大阪ブログ旅 トップへ戻る