グリコのオマケ集めた事ある人いる?おまけやZUNZOで、おまけの博物館を堪能してきた|東大阪市のオマケの博物館…息子とデート …主婦尚子さん
記事のレベルと状態…グリコのオマケ集めた事ある人いる?おまけやZUNZOで、おまけの博物館を堪能してきた|東大阪市のオマケの博物館…息子とデート
  評価レベル  
女子力 女子に役立つ知識力
ママ力 ママに役立つ知識力
家族力 家族に役立つ知識力
カップル力 カップルに役立つ知識力
  投稿者のステータス
投稿者 尚子さん
職業 主婦
住まい 東大阪市
ジャンル デート


東大阪ならでは、オモチャ(おまけ)の博物館がオモロイ

  




昔夢中になったオマケがいっぱい
幼児も大人も遊べる「おまけ」の世界が広がる「おまけやZUNZO」。

東大阪市にある玩具の博物館。大阪には数々の博物館が存在しますが、玩具、しかも「おまけ」に特化した博物館があるのは東大阪だけ。

いまいち場所が分かりにくかったりする…
幼少の頃に夢中になって「おまけ」を集めた事はありませんか?グリコの製品には小さな小さな玩具が付いてました。お菓子じゃなくてオマケ欲しさにその小さな箱をねだった経験もあるはず♪


今日は、私が一番好きな場所、「おまけやZUNZO」の事や幼少期の玩具などを紹介していきます。

この博物館を作ったのは「宮本順三」さん。大阪の偉人です。江崎グリコに入社して、「おまけ係」という部署を作ってもらい、そこで玩具作りに命をかけた方。今はもう亡くなってしまわれましたが、これまでに3000種類以上のオマケを世に生み出しました。
なぜか惹かれるグリコのオマケ
印象深い玩具が、レンズを利用したタイプ。昭和24年にはすでに小型カメラも生み出されていました。虫眼鏡や万華鏡などレンズを利用した玩具は、現代の大人でも楽しめる玩具。望遠鏡にもなるペンもありました。方位磁石もありました。

昭和期からのオモチャが大量に展示されてます
昭和期から現代まで、お爺ちゃんが集めた「おまけ」、お母さんが集めた「おまけ」、そんなオマケがここには展示されています。

しかも、彼が作った玩具だけではなく、幼年期から収集した日本各地の玩具、郷土玩具~世界中の人形や仮面など、膨大な数の玩具を展示する博物館になってます。大人が行っても楽しめる博物館…。





もっと詳しく?尚子さん が利用したページ 東大阪市×デート




宮本順三記念館 豆玩舎ZUNZO
宮本順三記念館 豆玩舎ZUNZOのサイト。
みんなでこぎだせZUNZO他。ちょっと世代がバレそうやけど、昔ね、グリコ(おまけつき)のお菓子をねだったことないですか?そんな「おまけ」のデザイナーさんの記念館。30代、40代の大人は本気で懐かしめると思う。
大阪府東大阪市下小阪5丁目1?21




東大阪市×デートに関連する記事



この豆知識・体験談を採点する

1日お1人様、1票のみ。100票で。200票で
300票で。500票で。1000票で
-100票で記事削除!!

※連打できますが…最初の1票以外はノーカウント。じっくり吟味してみてください( ´∀`)


つぶやいた方は、ウチらを探してみてな
 



こんな記事も読まれています。


戻る

  大阪のデートスポット・観光…デート関係だけの記事ランキングへ
  東大阪市に戻る
  大阪ブログ旅 トップへ戻る