散歩の第一歩があなたのリーダーシップを問われている…犬を的確に導くリーダーとしての仕事|東大阪市のペットシッター …ペットシッター渚さん
記事のレベルと状態…散歩の第一歩があなたのリーダーシップを問われている…犬を的確に導くリーダーとしての仕事|東大阪市のペットシッター
  評価レベル  
女子力 女子に役立つ知識力
ママ力 ママに役立つ知識力
家族力 家族に役立つ知識力
カップル力 カップルに役立つ知識力
  投稿者のステータス
投稿者 渚さん
職業 ペットシッター
住まい 東大阪市
ジャンル ペット


愛犬が本当に安心する散歩方法をご存知ですか?

  




散歩を仕切るのは犬?飼い主?犬にとってはどっちが本当に幸せ?
散歩に出る時の最初の一歩は、飼い主の一歩。

犬はグループで生活しています。犬のグループにはリーダーの存在がありますが、外出する時の第一歩はリーダーの役割です。

犬のグループには必ず頼りがいのあるリーダー。強いリーダーの存在が必要不可欠です。先導するのはリーダー。見知らぬ土地に第一歩を踏み出すのもリーダーの仕事。これを着実にこなしていると、人間だって、愛犬から見れば立派なリーダーとして映るわけです。


では、散歩の光景を思い出してみて下さい。飼い主が、リードを棚から取って、便を片付けるためのビニール袋をガサガサ…。これだけで犬は、散歩の時間キターーーーー!と大喜び。我が家の犬もケージをジャンプして跳び越しそうになるくらいに喜びます。
犬の安全のためにも、飼い主はしっかりリーダーシップを発揮して!
そんな状況こそ、飼い主のリーダーとしての腕の見せ所です。玄関で、リードをつけて…、まず「お座り」。「待て」。犬が落ち着くまで繰り返します。久しぶりの散歩の時など、テンションが上がりすぎている場合もありますが、そんな場合でもしっかり待ちます。落ち着いてきたら、いざ散歩へ出発。

人間にとっては、ちょっとそこらを歩くだけですが、犬にとっては、ある意味、アドベンチャー。リーダーと未開の地へ冒険しに行くんです。


だからこそ、愛犬を落ち着かせて、玄関からの一歩は飼い主が踏みます。飼い主が出たら、「よし」と声をかけリードを少し引いてあげましょう。たったこれだけの事ですが、犬にとってはこの一連の流れこそが、「さすがリーダー!!!」って思わせる流れなのです。そして散歩中も同様。犬が好き放題走り回る。あなたを引っ張りまわすのでは、リーダーは愛犬になってしまってます。

「待て」などを繰り返し、リーダーが行こうとする方向へ犬を動かします。あなたがリーダーであれば、あなたが歩く方を察知して付いて来るようになります。散歩のコースはある程度決めておくようにしましょう。
本来は群れの一部として行動する事で安心する動物です。
好き放題歩けるのが幸せなのではなく、的確な指令の元、リーダーに先導、案内してもらう方が、集団生活を基調とする犬にとっては幸せなのです。





もっと詳しく?渚さん が利用したページ 東大阪市×ペット




ぱんだ動物病院
ノミ・ダニの予防とフィラリア症の予防で利用したのがきっかけ。中耳炎になってしまった時に、ほんまにお世話になって、それ以来、調子が悪いときはすぐ「ぱんだ」さんとこに連れてってます。東大阪市岩田町3丁目14?11  06-4307-8800




東大阪市×ペットに関連する記事



この豆知識・体験談を採点する

1日お1人様、1票のみ。100票で。200票で
300票で。500票で。1000票で
-100票で記事削除!!

※連打できますが…最初の1票以外はノーカウント。じっくり吟味してみてください( ´∀`)


つぶやいた方は、ウチらを探してみてな
 



こんな記事も読まれています。


戻る

  大阪のペット…ペット関係だけの記事ランキングへ
  東大阪市に戻る
  大阪ブログ旅 トップへ戻る