ヒブワクチンと小児用肺炎球菌ワクチンは接種すべき?|東大阪市の小児科医 …小児科医広美さん
記事のレベルと状態…ヒブワクチンと小児用肺炎球菌ワクチンは接種すべき?|東大阪市の小児科医
  評価レベル  
女子力 女子に役立つ知識力
ママ力 ママに役立つ知識力
家族力 家族に役立つ知識力
カップル力 カップルに役立つ知識力
  投稿者のステータス
投稿者 広美さん
職業 小児科医
住まい 東大阪市
ジャンル 子育て


細菌性髄膜炎を予防しましょう

  




細菌性髄膜炎を予防する
「細菌性髄膜炎」を予防するためには「ヒブワクチン」と「小児用肺炎球菌ワクチン」があります。


双方とも任意接種ですが、「細菌性髄膜炎」は重症化しやすいため、家族やかかりつけの小児科医で受けるかどうかしっかり検討してみて下さい。

まず「ヒブ」。「ヒブ」は「インフルエンザ菌b型」の事。「ヒブワクチン」は生後2ヶ月から接種できるので、できるだけ早い時期に、接種しましょう。6ヶ月頃までには免疫を付けるようにしたいものです。
一般的な予防接種プラン
4回接種する事で5歳未満の時期をカバーする事ができます。生後5ヶ月以降になると、「ヒブ」による感染症は少なくなります。
80パーセントをカバーできる

「細菌性髄膜炎」の予防接種として「ヒブ」と「小児用肺炎球菌ワクチン」を同時に接種した事による死亡事例がありましたが、ワクチンとの直接的な因果関係は認められませんでした。「厚生労働省」では、これらの同時接種による安全性には問題がないと発表しました。

接種が見合わせられている時期でも、後のリスクを考慮して接種される方もいらっしゃいました。他のワクチン接種とのスケジュールから、同時接種を予定されていた方は、単独接種でスケジュールを組みなおす方が多いようです。

副反応は、腫れや発熱です。これらによって機嫌が悪くなるなど。副反応は軽度なものとなっています。
うっかり忘れがないようにカレンダーの横に張っておきましょう
続いて「小児用肺炎球菌ワクチン」。「ヒブワクチン」とともに、「細菌性髄膜炎」の予防に効果的なワクチンです。「ヒブワクチン」と併せて受けると、「細菌性髄膜炎」の予防に高い効果を示してくれます。「ヒブ」よりも副反応が強いという特徴があります。発熱が続いたり、食欲がない等が続く場合は、小児科を受診するようにしましょう。





もっと詳しく?広美さん が利用したページ 東大阪市×子育て




すざわ内科小児科
アレルギーの息子と通ってます。疑問にめっちゃ答えてくれる、急がない、そんな点がお気に入りです。忙しない先生や早口の先生が苦手な方に推薦したい。東大阪市上小阪2丁目2?18  06-6720-4095




東大阪市×子育てに関連する記事





細菌性髄膜炎を予防するには?|東大阪市の小児科医








  東大阪市の小児科医 広美さん の豆知識でした。



この豆知識・体験談を採点する

1日お1人様、1票のみ。100票で。200票で
300票で。500票で。1000票で
-100票で記事削除!!

※連打できますが…最初の1票以外はノーカウント。じっくり吟味してみてください( ´∀`)


つぶやいた方は、ウチらを探してみてな
 



こんな記事も読まれています。


戻る

  大阪の育児…子育て関係だけの記事ランキングへ
  東大阪市に戻る
  大阪ブログ旅 トップへ戻る